○○の趣味 本文へジャンプ

札幌に一人の女性が住んでいる。

24歳になるこの女性は「アスペルガー症候群」でもある。

彼女は小さい頃から手先が器用で、手芸や編み物に熱中していたと言う。

そんな彼女が出会ったのが、ビーズの世界だった。

キラキラ輝く色とりどりの小さなビーズ・・・

ビーズに関する本を読みあさり、ビーズに命を与える術を独学で学んだ。

SAORIは今、ビーズ作家としてやっとスタートラインに立ち、

一歩踏み出したばかりである。

SAORIの作り出すビーズ作品には、人を惹き付ける魅力がある。

体調が優れない日、精神が不安定な日もある。

しかし彼女は、このアスペルガー症候群と闘いながら、一つ一つの作品に

自分の思いをぶつけ、ビーズと言う単体では無機質な物に

命を吹き込んでいる。



『おやじ屋』はそんなSAORIのコレクションに出会った。

『おやじ屋』の逸品とは一線を引く違うものではあるが、

深い感銘を受けた。


今後、『おやじ屋』はビーズ作家SAORIを応援していきたい!



もちろん、このホームページからも購入できる。

ぜひ、SAORIの魂のこもったビーズコレクションを見ていただきたい。


どうか、SAORIがこれからもビーズ作家として生きていけるよう、

皆様の熱い応援をお願い申し上げます。


 
                           

                                 『おやじ屋』 店主